子育てのイライラが軽くなる☆ 3つの言葉で子供が輝く・ほめ方の魔法 (1:30:22)

<講師からのご挨拶>

私の娘(現在22歳)は、 ADHD・注意欠陥性多動症という発達障害を持って生まれました。「注意欠陥・多動」ですから落ち着きがなく常に動いてる、我慢が苦手、集団行動が出来ないなどなど、育てるのにそれはそれは苦労をしました。そして出来ないことばかりの娘にイライラして、いつも叱っていました。

でも小学校でお世話になった先生に「ほめるポイント」を教わって以来、そのイライラは激減。ほめるのがとっても上手なお母さんになれました。

この動画『子育てのイライラが軽くなる☆3つの言葉で子供が輝く・ほめ方の魔法!』は、私自身の経験と、コミュニケーションマナー講師として習得したほめるポイント・ほめるコツを、わかりやすくお伝えしています。このほめ方をマスターすることで、お子さんだけでなくお母さん自身も幸せになれるので、ぜひ実践してほしく、お求めやすいお値段にしています。

【動画概要】

大人から見れば、子供はできない事だらけ。だからついイライラ。

でも『基準』を変えれば、できる事がいっぱい。そしてほめられる事もいっぱいあるんです。

この動画では、

1.日本人は「ほめる」がなぜ苦手?

2.叱るとどうなる? ほめるとどうなる?

3.なにをほめる? どうほめる?

この3点に絞ってわかりやすくお伝えしています。

子供たちの『当たり前にできる事』を見つけて、3つの言葉を言うだけで、子育てのイライラはぐっと軽くなります。そしてお子さんの良いところがどんどん伸びていきます。無限の可能性を秘めた子供たちがキラキラ輝く「ほめ方の魔法」を身につけて、お子さんを伸ばせるお母さんになりましょう!

そして子育てのイライラから解放されて、今よりもっと優しくてステキなお母さんになりましょう!

*お申込み確定後、動画を視聴できるURLとパスワード、レジュメのダウンロード用URLを記載した「受講票」をお送りいたします。

<事務局からのメッセージ>

子どもはかわいいし、一緒にいると楽しいけれど、イライラさせられることが多いのは確か。

「ダメ」「やめなさい」「早くしなさい!」

どのお母さんも、怒りたくて怒っているわけではないのに、子どもたちはいつも「怒られている」し、お母さんは「いつも怒っている」。

でもそれでは、子どもから大切なことが奪われていくと香山さんはいいます。

ADHDという障害を持って生まれてきた長女の子育てに悪戦苦闘する中、2人目の男の子も含めて、「ほめる子育て」を実践。コミュニケーション講師として、「ほめて人を育てる」ことを多くの人に伝えてきた香山さんが、子どももお母さんも笑顔が増える「ほめ方」をお伝えします。

講師/香山千賀講師プロフィール

当講座は、オンライン動画講座です。講座をご購入後、動画を視聴していただく学習形式になります。

kc002
商品番号:kc002

子育てのイライラが軽くなる☆ 3つの言葉で子供が輝く・ほめ方の魔法 (1:30:22)

在庫状態:在庫有り
¥10,000 ¥5,000(税別)
数量